医者

不安な時は病院に行く

うつかもしれないと感じて病院へ行こうと思う人もいます。その際、診察するために何か準備をしたり申し込みが必要かと考えるかもしれませんが、基本的に他の診療科目と同様です。診察の際にチェックし診断がくだります。

聴診器とサプリ

病院選びが大切です

肉体的にも精神的にもさまざまな症状が出てくるうつ病は、早期治療が必要です。医師に診てもらうにあたり、チェックリストがインターネット上で確認できます。これを利用しておき医師に確認してもらうことで、話がスムーズに進むでしょう。

病院に行く前に自分で診断

男性

病院に行くなら何科

ストレスの多い世の中ですがストレスによってうつ病を発症することもあり、気持ちがずっと沈んだままである、外に出たり人に会うったりするのが億劫などの症状や頭痛、倦怠感、疲労感などの症状を伴う場合もあります。症状は人によって様々ですが、もしかして自分もそうなのかもしれないと感じたら、うつ病チェックをしてみるといいでしょう。チェックシートは様々な症状を元に作成されたもので、うつ病の程度を測ることができ今の自分の精神状態を測定することができる自己評価表になります。うつのチェックはインターネットから無料で行うことができます。検査結果を自分のメールアドレスに送ることができるところなら印刷することができるため、病院を受診する際に持っていけば診察の参考になり、的確に医師に症状を伝えることができます。チェックシートには20問程度の質問に答えるだけで診断することができ、気持ちが落ち込み、食欲不振、何をしていても喜びを感じないような状態が続いているようであれば診断してみるといいでしょう。チェックシートを医師に相談する時に効果的ですが、病院に行くことに抵抗があったり、金銭面などで病院に行かれなかったりする人は掲示板などで他のユーザーの方に共感やアドバイスを得ることができます。チェックシートでうつ病の可能性があるとわかったら、早めに病院を受診することをオススメします。病院に行く場合には、何科に行けばいいのかよくわからない人も多いでしょう。うつ病の場合には精神科か心療内科を受診するのが一般的で、精神科に行くことに抵抗がある人が多いため心療内科を受診する人が多いです。ところで精神科と心療内科の違いってわかりますか。精神疾患を扱っているのが精神科で、不安やイライラ、幻聴などの心の症状や病気を扱って治療してくれるところで、近年では精神科と使わずに〇〇クリニックという病院が増えています。心療内科は内科に属しておりストレスが原因で体に現れる症状の治療を行うところで、うつ病以外に自律神経失調症や不安障害などの治療を行っています。うつ病は早期に治療を始めることがとっても大切なので、どんな病院があるのかチェックして自分にあった病院を選びが大切です。同じ先生に診てもらえる病院、話をじっくりと聞いてくれる先生や、必ず良くなると支えてくれる先生がいる病院は良い病院と言えるでしょう。

カウンセリング

理解しておくことが大切

気持ちが落ち込んで、うつ病なのかなと心配になったときには、インターネットのうつ病関連のサイトにある自己チェックを行ってみましょう。その結果は、医師の診察を受けるべきかどうかの大まかな目安となりますし、医師の診察にもとても役に立ちます。

病院

自己診断をしてみる

うつ病を自己診断でも正しく見極めていくということは、とても大事です。早期発見や早期治療ということにはチェックシートを活用するということがとても大事です。うつ病にもきちんと兆候や特徴があります。正しく見極めて適切な治療が重要です。

ナース

目に見えない心の病気

うつ病は心の病気なので自己判断などして発見が遅れることもあります。それを防ぐためには病院での診察が大事です。病院ではカウンセリングで普段使用している薬などについても聞かれるので事前にチェックしておくことが必要です。